TOP

トラベックスツアーズ国内旅行・国内ツアー日帰りバスツアー > 日帰りバスで行くマザー牧場バスツアー特集

マザー牧場イメージ

日帰りバスで行く
マザー牧場バスツアー特集

ツアーインフォメーション

マザー牧場のご紹介
マザー牧場は、房総半島の山々や、東京湾や富士山の雄大な景色が見渡せる鹿野山(かのうざん)にあります。都心から近い場所にありながら、豊かな自然とふれあうことができ、子供から大人まで楽しめる観光牧場として親しまれ、国内有数の施設として発展してきました。
250ヘクタールという広大な敷地は、「花と緑と動物、そして人間とのふれあい」というテーマのもとに、豊かな緑、四季の花、愛らしい動物たちとのふれあいを演出し、親しみやすく、より楽しめる自然空間として創り上げています。
園内では羊やアルパカを始め、かわいい動物たちとのふれあいはもちろん、四季折々の植物が広大に咲き誇り訪れるお客様方に感動と癒しを与えてくれます。 マザー牧場の詳細は「マザー牧場(公式ホームページ http://www.motherfarm.co.jp/)」をご覧ください。

菜の花
(見頃:2月中旬〜4月中旬)

マザー牧場 菜の花

ペチュニア
(見頃:5月下旬〜10月下旬)

マザー牧場 ペチュニア

コスモス
(見頃:10月上旬〜11月中旬)

マザー牧場 コスモス

春は羊の赤ちゃんが
生まれる季節です

マザー牧場 春の赤ちゃん羊

マザーファームツアーの
大人気のアルパカ

マザー牧場 アルパカ

元気いっぱいに走る
こぶたのレース

マザー牧場 こぶたのレース


場内に咲き誇る春の風物詩「菜の花」
場内に咲き誇る春の風物詩「菜の花」
可愛い子羊も生まれる春のマザー牧場は、約350万本の菜の花が咲き誇ります。「花の大斜面・東」と「西」にダイナミックに咲く菜の花は、まさに黄色の絨毯。菜の花の開花に合わせ食用の名の花摘みも開催。総延長は約1.5kmと、関東最大級の規模を誇る菜の花畑は、場内を春の香りに包みます。
ここでしか見られないピンクの絨毯「桃色吐息」
場内に咲き誇る春の風物詩「菜の花」
2014年より新しいお花畑「桃色吐息」が登場!桃色吐息は千葉大学と南房総出身の園芸家さんの共同開発で生まれたペチュニアを品種改良した花になります。約5,000平方メートルに植えられた約2万5千株の桃色吐息が標高300メートルの鹿野山の山肌を鮮やかなピンク色に染めます。

マザー牧場施設詳細

住所 〒299-1731 千葉県富津市田倉940-3
電話番号 0439-37-3211
営業時間 【2月〜11月】
平 日 9:30〜16:30
土日祝 9:00〜17:00
【12月〜1月】
平 日 10:00〜16:00
土日祝 9:30〜16:00
【イルミネーション点灯時】
16:00〜20:00

マザー牧場が満喫できる日帰りバスツアーはこちら

マザー牧場「桃色吐息(ペチュニア)」観賞&海鮮浜焼き・びわ食べ放題

大人お一人様 / 8,500円〜9,400円

日帰り マザー牧場「桃色吐息(ペチュニア)」観賞&海鮮浜焼き・びわ食べ放題

出発地

新宿

出発月

5月〜6月

コースコード

CT-0046-01

ツアー概要

バス+マザー牧場+きよっぱち(海鮮浜焼き・買物)+はちみつ工房+びわ食べ放題&一箱お土産

コースのポイント
初夏の房総の人気テーマパークと味覚で満喫!昼食には房総で大ブームの「海鮮浜焼き食べ放題」をご用意!房総の海でとれた新鮮な魚介類を各自で焼いて食べるお食事はバスツアーの鉄板メニューとしても大人気。お腹が満たされた後は「マザー牧場」でかわいい動物たちのショーがお出迎え。初夏のマザー牧場はペチュニアを品種改良した「桃色吐息」が咲く季節!桃色吐息は千葉大学と南房総出身の園芸家さんの共同開発で生まれました。約5,000平方メートルに植えられた約2万5千株の桃色吐息が標高300メートルの鹿野山の山肌を鮮やかなピンク色に染めます。また、房総の初夏を象徴する果物「びわ」の食べ放題付き!ずっしり大きく、甘みと酸味が絶妙なバランスを持ち、大変みずみずしいのが特徴の房総びわをお楽しみください。さらにびわ一箱のお土産付!

spacer