TOP

トラベックスツアーズ国内旅行・国内ツアー日帰りバスツアー > 日帰りバスで行く東国三社(鹿島神宮・香取神宮・息栖神社)巡りバスツアー特集

東国三社イメージ

日帰りバスで行く
東国三社(鹿島神宮・香取神宮・息栖神社)巡り
バスツアー特集

ツアーインフォメーション

東国三社とは
東国三社とは千葉県東北部から茨城県東南部にある神宮二社(鹿島神宮・香取神宮)、神社一社(息栖神社)を指します。伊勢神宮のお伊勢参りに次いでの参拝箇所であり、江戸時代には「下三宮参り」と称して、伊勢神宮参拝後にこれら三社を巡拝する慣習が存在したといわれ、東国三社を参拝すると伊勢神宮に一度参拝したのと、同じ御利益を頂けると言われます。三社とも長い歴史をもつ神社ですが、中でも鹿島神宮・香取神宮は神宮と名のつく多くの神社の中でも創建時に「神宮」と呼ばれていたのは「伊勢神宮」とこの二社だけの為、格式の高い神社であることがうかがえます。

東国三社のご紹介

鹿島神宮

【鹿島神宮】

鹿島神宮は東北地方・関東地方を中心として全国に約600社ある「鹿島神社」の総本社となります。鹿島神社は勝利の武神・タケミカヅチを祭神として祀っており、そのご利益として「仕事・人生に総合的な開運力」があると言われます。この場所の意味は、「鹿島立ち」に象徴される「すべての始まりの地」とされ、人生を転換するターニングポイントの作用を持っていると言われています。


香取神宮

【香取神宮】

香取神宮は下総国(千葉県北部)の一宮(旧国地域で最も格式の高い神社)で、関東地方を中心として全国にある香取神社の総本社です。経津主大神(ふつぬしのおおかみ)を祭神とし、鹿島神宮同様「仕事・人生に総合的な開運力」のご利益があると言われます。宝物館内に展示される「海獣葡萄鏡 1面」は国宝、「本殿」や「古瀬戸黄釉狛犬1対」等が国の重要文化財に指定されており、歴史的文化財としての価値も高い千葉県最強のパワースポットです。


息栖神社

【息栖神社】

息栖神社は東国三社のうち他の二社に比べてより静かで趣がある神社です。鹿島と香取に祭られる二神が武神でありその神剣であるのに対して、息栖神社は武神の乗り物であった「天鳥舟」という神を祀っています。鹿島と香取の両神宮が、派手で大掛かりな作りなのに対して、息栖神社は「土地の守り神」として親しみがもてる雰囲気を感じます。利根川の支流の辺に立てられた一の鳥居の両側には日本三霊泉の1つに数えられる「忍潮井(おしおい)」と呼ばれる2つの井戸があり、海水を押しのけて清水が湧出しているところから、忍潮井の名がつけられたと伝えられています。二つの井戸の底にそれぞれ「男瓶」「女瓶」があり、男性が「女瓶」の水を、女性が「男瓶」の水を飲むと二人は結ばれるという言い伝えがあるそうです。


東国三社現地詳細

鹿島神宮 住所 〒314-0031
茨城県鹿嶋市宮中2306-1
香取神宮 住所 〒287-0017
千葉県香取市香取1697-1
息栖神社 住所 〒314-0133
茨城県神栖市息栖2882

東国三社巡りができる日帰りバスツアーはこちら

パワースポットを巡る!東国三社(鹿島神宮・香取神宮・息栖神社)巡り

大人お一人様 / 6,980円

日帰り パワースポットを巡る!東国三社(鹿島神宮・香取神宮・息栖神社)巡り

出発地

新宿

出発月

7〜8月

コースコード

CT-0206-01

ツアー概要

バス+東国三社(鹿島神宮・香取神宮・息栖神社)+ランチブッフェ+東薫酒造

コースのポイント
関東随一のパワースポット「東国三社」を日帰りバスツアーでお参り!鹿島神宮・香取神社・息栖神社の東国三社巡りは伊勢神宮のお伊勢参りに次いでの参拝箇所であり、三社を参拝すると伊勢神宮に一度参拝したのと同じご利益が授かると言われています。日帰りバスツアーなので、乗り換えなしの楽々移動で東国三社全てをお参りできます!昼食には人気ホテルのレストランでイタリアンをテーマとしたカジュアルブッフェをご用意。約200年の歴史を持つ東薫酒造にも立ち寄りますので、旅行のお土産選びもばっちりです。

spacer