TOP

トラベックスツアーズ国内旅行・国内ツアー日帰りバスツアー > 日帰りバスで行く入笠山ハイキング 日帰りバスツアー特集

入笠山

日帰りバスで行く
入笠山ハイキング特集

ツアーインフォメーション

入笠山のご紹介
入笠山は赤石山脈(南アルプス)の最北部にある山で、いわゆる「南アルプス前衛の山」の一つです。四季折々の花々や手つかずの自然を満喫できる自然の宝庫で、入笠山山頂からは富士山をはじめ南・中央・北アルプスまでを見渡すことができ、数えると深田久弥の「日本百名山」のうち22山を見ることができ、美しい眺望や山野草を見ようと5月(新緑)から11月(紅葉)のシーズン中に全国から約10万人が訪れます。標高1,050mのゴンドラ山麓駅から標高1,740mのゴンドラ山頂駅まで8人乗りのゴンドラでアクセス。約15分の空中散歩を楽しめます。ゴンドラ山頂駅を降りると入笠すずらん山野草公園や入笠山湿原と、約150種に及ぶ四季折々の山野草を鑑賞することができます。また、入笠地区は日本ジオパーク認定、ユネスコエコパーク(生物圏保存地域)にも登録されており、自然を満喫することができる貴重なスポットです。特に6月に見頃を迎える約100万本のすずらん群生は、青い空と澄み切った空気のなか、すずらんの甘い香りに包まれる至福の癒し体験が味わえます。

すずらん群生

すずらん群生

ゴンドラの眺望

ゴンドラからの眺望

展望台

展望台


ハイキングコースについて
ハイキングコースイメージ
入笠山は、約2,000m級の登山にもかかわらず、ゴンドラ山頂より片道約1時間程度と非常に易しい登山(ゆる山登山)を手軽に楽しむことができる初心者も上級者も満足のハイキングスポットです。おすすめコースとしては約2kmのお手軽コースで山野草公園と入笠湿原、展望台を巡る「お手軽コース(約90分)」と入笠山山頂より八ヶ岳、富士山、日本アルプスを見渡す360度の大パノラマビューをお楽しみいただける「入笠山頂コース(約3時間)」がございますので、お好みに応じてハイキングをお楽しみください。
※ハイキングコースとなりますので、トレッキングシューズなどハイキングに適したご用意をお願い致します。
入笠山の季節ごとの植物のご案内
ハイキングコースイメージ
花の百名山とも言われる入笠山は、6月上旬のスズラン、6月下旬〜7月中旬のアヤメ、7月下旬のノハナショウブ、8月下旬〜9月上旬のサワギキョウなど、数多くの山野草が咲き誇ります。四季折々の表情を見せる入笠山で、清々しい風と爽快な景色の散策を楽しんだり、草花の写真を撮影したりと、雲の上のハイキングをお楽しみください。

>>入笠山で見れる植物はこちらからご覧ください<<

ハイキング後は温泉でリフレッシュ
ほったらかし温泉
宿場風の落ち着いた建物と、そばなどの食事処、お土産、地元物産の直売所など多彩な施設が揃う道の駅「信州蔦木宿」にて、道の駅内の天然温泉「つたの湯」で温泉入浴が可能!泉質はナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉となり、神経痛・関節痛・慢性消化器病・動脈硬化症に効能があります。大浴場、源泉風呂、ジャグジー、サウナのほか露天風呂もございますので、ハイキングの疲れをゆっくりとお癒し下さい。
※タオルはご自身でご用意ください。
※入浴施設は変更となる可能性がございます。予めご了承ください

入笠山ハイキング日帰りバスツアーはこちら

【新宿発】入笠山ハイキング&温泉入浴付きコース

大人お一人様 / 7,800円〜8,300円

入笠山ハイキング&温泉入浴付き日帰りバスツアー

出発地

新宿

出発月

5月〜10月

コースコード

CT-0034-01

ツアー概要

バス+入笠山ハイキング(ゴンドラ料金込み)+お帰り時の温泉入浴

コースのポイント
花の百名山「入笠山」でハイキングを楽しむ日帰りバスツアー!往復共に同じバスの利用となるため、ハイキング中の余分な荷物はバス車内に置いておけます(貴重品はご持参ください)。入笠山ゴンドラ利用料とお帰り時の温泉入浴付(タオルはご自身でご用意ください)。

spacer