TOP

富士山旅行・トップ>富士登山服装・持ち物のアドバイス

富士登山の準備はこちら。

靴は登山靴がよいのはもちろんですが、特にキャラバンシューズのような甲の高い靴がよいでしょう。下山で砂走りを下るときは火山灰が入り易く、運動靴では不向きです。

ザック

パンパンにふくれたデイパックよりは中型ザックのほうが背負いやすく、30〜40リットルの中型ザックで縦長のものが良いでしょう。ボストンバックなど手に持つものは絶対に避けて下さい。

雨具

稜線で雨に遭うと、雨はしばしば吹き上げてきます。ポンチョが不評をかうのはこのような場合。こうなるとセパレートタイプの雨具が便利ですが、雨具の分だけ薄着になって汗をかかないようにしましょう。上下に別れるタイプが良く、ビニールのものは避けたほうが良いでしょう。

服装

ふもとと山頂の気温差は約20℃。白い息を吐きながらご来光を待つんだと思えば間違いありません。長袖に長ズボン、セーターやウインドブレーカー、セパレーツ型のカッパなどが便利。8合目からは岩を登るので軍手も必要。つば付き帽子と靴はトレッキングシューズのように足首まで覆うものを。厚めの靴下で長いものを履けば下山の時、砂利が入りません。必要に応じて重ね着しましょう。

ズボン

山歩きには動きやすいパンツ(なるべく厚手で軽いもの)をお勧めします。楽に動けるだけでなく、危険防止にもなります。

携行・準備・着替え

山小屋泊りの場合、必要なら十分な睡眠をとるために、トレーニングウェアなどを持参するのをお勧めします。真夜中の登山になると真夏でも相当冷えます。ただ、歩き始めればすぐに暖かくなるので、羽織る感じのものが便利です。帰路の着替えをうまく重ね着すると良いです。ウインドブレイカーはたいへん重宝します。また、下山の際は砂埃が舞い上がりますので、マスクがあると便利です。

食べ物

山小屋泊まりの場合、質素な食事である上に、プラス行程も長い為、簡単な携帯食は忘れないように。

その他

ツバ付き帽子、水筒(ミネラルウォーター等)又はペットボトル数本、常備薬、バンドエイド、バンダナ、手袋、ビニール袋、ヘッドライト、サングラス、携帯用酸素、軍手等。携帯電話は、登山道・下山道の大半で通話可能です。(NTTドコモのみ)尚、山小屋での充電はできません。

富士山旅行・トップspacer前ページに戻る